×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今年もさらに飛ぶ球になっていた

今年もさらに飛ぶ球になっていた

 去年のプロ野球で、ボールが今までよりも飛ぶボールに勝手に変更していて大問題になっていましたが、ボールの反発係数を調べたところ、基準の数値を超えるボールで、今年もまたさらに若干飛ぶボールになっていたようなのです。飛ぶボールになっている原因はまだ不明ですが、もし意図的に替えられていたら、去年あれだけ大問題になったのに、なぜこういうことをしてしまうのでしょうか。

 

 今年のプロ野球を今まで見ていると、去年よりもさらにホームランや長打が増えて、普段ホームランをあまり打たないような人のホームランも多いような気はしてましたが、それは去年と違って今年は飛ぶボールだと最初からわかっているので、選手がしっかりボールに対応した結果だと思っていました。しかしそれだけではなく、ボールがさらに飛ぶボールに替っていることになっていたことも一因でした。

 

 去年のボールの仕様変更した時のNPBの対応がものすごく悪かったので、今年は適切な対応をしてもらいたいと思います。

 

トップページへ戻る